VenusBlood Savior

圧倒的本格戦略SLGとして楽しみながら抜くスタンスを貫くVenusBloodシリーズ第12弾!遊べる抜きゲーとして楽しもう!

作品名VenusBlood Savior
ブランドDual Tail
ジャンル勇者悪堕ち触手SLG
FANZA通常価格¥10,780円
体験版あり
体験版/DL購入体験版DL・詳細・概要ページに進む
画力美//普/微/駄
趣向触手/悪堕ち/孕ませ
攻略サイトこちらからどうぞ
抜いた回数10回~
あらすじ

光の女神ハリアルの加護の下、人類が繁栄を謳歌するレヴァンシア大陸。
闇の女神イシュタルは神の封印を施され、彼女の眷族である魔族たちは今や辺境や地の底に押し込められていた。

光溢れる時代ゆえに、魔族の民は救世主を求める。
かつてイシュタルに従った古の魔王……。
彼の復活こそ、魔族たちの悲願ともいえた。

そして時は流れ、ついに魔王は復活を遂げる。
目覚めるは闇の英雄レギウス。
そして彼に対峙するは、今世の神器の勇者たち。

「今こそ、魔族の楽園を創りあげる──!」

古来より繰り返されてきた、光と闇の時代──。
変革をもたらす戦乱の狼煙が、今まさに切って落とされた。

本作の見所

・大人気SLGの第12弾。
・本格的な戦略SLGのためSLG好き向けともいえる。
・VenusBloodといえばコレ!触手!悪堕ち!孕ませ!ハード系ファンタジー要素を今回も詰め込みましたっ

画力

ちっぱいから巨乳まで、様々なヒロインが登場します。内容としてはハード系メインで和姦もあり。
触手はもちろんのこと、ジャンルに描かれている悪堕ちやら異種姦も楽しめる。
画力に関しては好みもあるだろうけど安定のVenusBloodといったところ。

サンプルイメージ








デモムービー


※公式デモムービー(非エロ)です。

シナリオ・システム

本来ここはシナリオを記すところだけど、システム面を紹介しておかないといけないかなってことで、システムについても少しご紹介させていただきますね。
シナリオは可もなく不可もなくといったところ。漠然としすぎてて分からないかもしれないけど、感動や心に突き刺さり名作シナリオだ!とまではいかない。
毎度のロウ・カオスルートという分岐がありVenusBloodが好きであれば問題なく楽しめる。主人公のキャラクター性は◎。

システム面はVenusBloodシリーズプレイしたことある人には不要かなっとも思える。
本格的な戦略SLGであり、「VenusBlood Lagoon」のシステムを思い出してもらえば大丈夫。
ただ本作から参戦する方もいるだろうから、概要をさらりと説明しなければいけないかなっとも…。

新装備カテゴリ「糧食」が追加されたことにより装備は従来の2つから拡大。
「糧食」が追加されたことにより、料理や食料に関わるユニットも増加された。
6ユニットで1師団となる「自分好みの部隊」を組むことができ、3師団最大18人による同時戦闘、レギオンバトルも健在!
SLGが苦手な人やストーリーだけ回収したい方には、イージーモードでの「勝利スキップ」も可能。

ミソとなるのがレギオンバトル。SLGが苦手な人は特に混乱を招くだろうけど、これが醍醐味でもあるので是非楽しんでもらいたい。
どうしてもって方のためにあるスキップ機能であるが…、個人的にはおすすめしない。
VenusBloodを楽しむならばやはりSLG部分は切っても切り離せない要素だから。
肌に合う合わないは「体験版」をプレイしてもらえればわかるだろうから、慎重な方はまずは体験版を!

趣向

触手は健在。主人公とのHシーンも多数。和姦も含まれるが、やはりハードな調教を楽しむのもVenusBloodならでは。
産卵システムがないけど異種姦は健在。ファンタジーだからこそできるエロスの世界を是非堪能しよう。

実用性度

ハードな凌辱調教といういつものスタンスは変わらず。
触手プレイも健在ながら主人公と交わりも一定数見られ万人にも受け入れられそうなシチュあり。
シーン数も値段に相応したボリュームとなっているので満足の域。
ゲーム難易度は高めなのでゲームをプレイしながら抜くというスタンスで。
遊べる抜きゲーに仕上がっているのは良い。
体験版プレイしてもらい自分の肌に合うかどうかを確かめる必要性があるけれど、
既に大人気シリーズだから過去作プレイしている人はなんとなく雰囲気はわかるかなっと。

作品名VenusBlood Savior
ブランドDual Tail
ジャンル勇者悪堕ち触手SLG
FANZA通常価格¥10,780円
体験版あり
体験版/DL購入体験版DL・詳細・概要ページに進む