眠れぬ羊と孤独な狼−A Tale of Love, and Cutthroat −

クロックアップさんのシナリオ重視なエログロ系エロゲー。ハードボイルドな世界観で繰り広げられる純愛物語。グロ苦手な人は回避推奨。

作品名眠れぬ羊と孤独な狼−A Tale of Love, and Cutthroat −
ブランドCLOCKUP
趣向ロマンノワールADV
通常価格¥8,580円
体験版/DL購入体験版・デモ・購入はこちら

●あらすじ

俺は、今夜も眠れない――

新宿、歌舞伎町。
慢性的な不眠症に苦しむ【俺】は、
ラブホテルの住み込み清掃員として働きながら、無気力な日々を送っていた。
【俺】にとって安眠を得る唯一の方法は、人を殺すこと。
そのために『暴力団の高級幹部・東儀衛子飼いの殺し屋』という裏の顔を持ち、
おこぼれのように時折与えられる殺しの仕事で、なんとか眠りにありついてきた。
危うい綱渡りの日々ではあるが、それでも安定した、平穏な毎日。

そんなある日、【俺】 はデリヘル嬢・あざみと出会う。
彼女を抱くことでかつてない安眠を得た【俺】 はあざみを手元に置こうと考える。
だが彼女は東儀に追われており、あざみを手に入れることはすなわち、
東儀に刃向うこと――平穏な日常の崩壊を意味していた。


※youtubeの埋め込み動画です。

●おすすめポイント

  • ハードボイルドな世界観で繰り広げられる純愛物語。
  • クロックアップさんの18番、エログロ系エロゲー。グロ・スカトロン注意。
  • 主人公とヒロインと純愛物語故に和姦シチュも多め
  • 抜きゲーというよりかはシナリオ重視系。

●サンプルイメージ















●感想・まとめ

クロックアップさんの18番、読ませるエログロ系エロゲ。
これだけでも一定数の抜きゲーマーが「お、これは期待できるな」と思わせちゃうくらい、クロックアップさんが手掛けるシナリオ重視なエログロ系作品は高評価が多いのが事実。
物語の舞台としては一言で言えば「闇社会」といったところ。
そんな中でハードボイルドな展開に胸を熱くさせ、そんな中でも「純愛」を感じることに「死生観」を考えさせてくれる。
正直、抜きゲーとしての実用性度は微妙とだけいっておく。じゃあ紹介するなって言われそうだけど、クロックアップ作品だし許してねw
っというのもシーン自体はそれなりの数があるんだが実用しようとすると尺が短めな印象。
それにエログロとはいいつつも、基本は純愛としての「和姦シチュ」が多めであって、エログロシチュを期待している人にとってはボルテージが上がらないってのも頷ける。
一番の極めつけは物語(世界観)にのめり込むあまり、抜き処を見失うっていうのがぶっちゃけである。
クロックアップさんのエログロでトラウマを植え付けられた人も多いだろうが、本作はそういう意味ではマイルドに仕上がっている。

外伝も出るということなので掘り返してみた作品ではあるが、やはりクロックアップさん。
声優やらキャラクター、舞台背景としっかりと練り上げてきたエロゲーだなっと改めて関心する。

作品名眠れぬ羊と孤独な狼−A Tale of Love, and Cutthroat −
ブランドCLOCKUP
趣向ロマンノワールADV
通常価格¥8,580円
体験版/DL購入体験版・デモ・購入はこちら