神具姫ヒーローアンチドミー

悪の幹部になって変身ヒロインを思いつく限りの調教でハードにやっちゃいましょうというSLGの抜き特化型マニアックエロゲー!

作品名 神具姫ヒーローアンチドミー
ブランド ダイジョビ研究所
趣向 調教ハード系シミュレーション
通常価格 ¥2,970円
体験版/DL購入 体験版・デモ・購入はこちら

●あらすじ

世界に対して暗躍を企む悪の組織【ガンジータ】。
某○○県○○市は、その本部が丸々支配している街であり、戦闘員やスパイが一般人になりすまし、’その時’を待っていた。
そして組織本部があると聞きつけて、街にやって来た変身ヒロイン「カナデ」と「ミヤ」。彼女たちは悪の組織に対抗する、通称【アンチドミー】。
【アンチドミー】とそれに協力する公安局員「シロコ」に、煮え湯を飲まされ続けていた悪の組織【ガンジータ】の総統は、本部にとある幹部「ドクター」を呼び寄せた。
そして総統は、彼に任務を与える。
「アンチドミーをこちらに引き込み、そのまま我が結社の戦力とせよ」と。
研究者「ドクター」による、怪人開発、兵器開発などを駆使した『アンチドミー性凌●プロジェクト』が始動する。
悪組織視点で変身ヒロインと戦い凌●するシミュレーションゲーム!!

●おすすめポイント

  • 悪の幹部になって変身ヒロインを調教ハード系でやりまくる
  • 抜きに特化した「抜ける」シミュレーションゲーム。低価格だけどボリューム↑
  • 特殊性癖向け。変身ヒロイン好きならば満足のマニアックシチュエーション満載
  • 体験版あり。迷ったらばまずは自身の息子に合うかお試ししてみても良い

●サンプルイメージ









●感想・まとめ

同人サークル「ダイジョビ研究所」のSLG作品。傾向としてはマニアックなシチュエーションを得意としているサークルさんのイメージ。
今回の「神具姫ヒーローアンチドミー」も間違いなくマニアックな趣向特化型の抜きゲー作品に仕上がっている。
値段は低価格帯であるのだが、ボリュームは下手をすればミドルプライス程度はある内容。最初にいってしまえばCGが嚙み合っておらず足りない部分もある。
だけど、それを補って余るほどのボリュームとゲームとエロで満足の域に達している。

変身ヒロインというジャンルは既に変態御用達の代名詞(失礼」となっている感覚をもっているんだけど、
もれなく本作も王道というべきシナリオで進んでいく。
悪の幹部になって変身ヒロインをハードに調教していこう!という分かりやすいシナリオも抜きの邪魔にならずとても良い。
抜きに正義側であるべき必要性はないんだ。なんて自由なんだ!笑

シチュエーションは前述したとおり奇抜さがウリといっても良い。
オーク、魔獣、スライム、触手、透明人間、機械姦、おね●●●、露出、
輪●、○○退行、淫紋刻み、睡眠姦、洗脳、常識改変、催●オナニー、
NTR(寝取られ)、逆NTR、精液ボテ逆噴射、妊娠ボテ、フタナリ、肉牢、超乳化、
悪堕ち、●●、若奥さん、女戦闘員、友人、同級生と、一般市民と、嫌いな上司と、等
概要だけでもお腹いっぱいのてんこ盛りであり。
変身ヒロインを虐めるなら…で考えて思いつく限りの演出を盛り込んでいるのではないだろうか。

ヒロインは4名。
声優さんもクオリティの高い声質で抜き度を底上げしてくれている。
絵タッチは全体的には良。所々ミスマッチさはあるが許容範囲内。
採取的には作業的になってしまうのはSLGならではの所以か。

SLG面でいえばそこまでの難易度をもとめる物ではなくアクマで抜きを盛り上げるための要素として見てもいいのではないだろうか。
メインがやはり「抜いてほしい」で作ってあるのでそこらへんは良心的である。同人抜きゲーとしては頭2つ抜きでている内容であるためおすすめできる一本として紹介させていただいた。

作品名 神具姫ヒーローアンチドミー
ブランド ダイジョビ研究所
趣向 調教ハード系シミュレーション
通常価格 ¥2,970円
体験版/DL購入 体験版・デモ・購入はこちら