催眠学園3年生

学園もの王道催●AVG。変態的な思考の持ち主が偶然手に入れた催眠装置で学園を我が物にする。王道催眠エロゲー。ヒロイン陥落で欲情を掻き立てる。やっぱり催眠はエロゲーならではのシチュエーションですね。

作品名催眠学園3年生
通常価格¥6,480円
体験版/DL購入こちらからどうぞ


主人公はさえない風貌で、人付き合いも苦手な三流大学の学生。
その趣味も変質的ですが、本人はそれを恥じることもありません。
ストーカーまがいのことをしたり、こっそり夜中にゴミを漁ることも。
当然のように周囲の人間からは忌避されています。

あるとき、ゴミの中からオモチャの銃のようなものを拾います。
お宝的な価値でもないものかと、それをいじくりまわしていると、ひょんなことから、それが催●導入をする機械だと判明します。

そして、普通なら絶対に無理なはずなのに、ソレを用いることで、お嬢様女子校の教育実習生になってしまいます。
そこで主人公は、自分の欲望を存分に満たしていくことに……。

  • 王道催眠ゲー。良くも悪くもまさに催眠シチュを王道でいっています。
  • 催眠によって常識変換。キモ男といちゃラブ、ハーレム。
  • 羞恥心に心と息子が躍る仕様。催眠ならではのシチュ。催眠だから許される。
  • お尻の穴を使ったプレイあり。尻穴好きは必見。(一部スカ注意)



※画像をクリックすると大きなサイズが表示されます。


まさに王道的な催眠系抜きゲーといっていいでしょう。
非モテな主人公が催眠装置をつかってモテ男に変身。まぁそれはただの群像ではあるんですが、催眠の威力はすさまじく常識を書き換えたり、羞恥心を煽ったり、恋人プレイだってなんのその。
普通なら「いや、それはおかしいだろ」っと思うシチュも催眠という一言がついてくれば「ああ、ならアリですね」となってしまうわけです。いやぁ、催眠ってほんとうに恐ろしいですね。
だからこそ「アブノーマル」なシチュもすんなりと入ってくるわけです。
プレイ内容はそんな感じで「ど変態ちっく」がウリですが、すべてが「ヒロインを苛める」というわけではなく、ヒロインといちゃラブするっていうのもあるわけで、ハードな演出でズタボロになるヒロインを求めている方には違うのかなーっと思います。
ヒロインごとに役割があって催眠と一言でいってもいろいろな催眠による陥落の仕方があるのだなっと。
ざっくりといえば「変態プレイ」「あまあまプレイ」「常識変換プレイ」「尻穴開発プレイ」となっており、ヒロインがそれぞれ担当している感じですね。
3年生っていうことで2年生、1年生ももちろんありますが、順番としては3→2→1ですのでお間違え無く。
まさに王道的催眠抜きゲーとして高評価なエロゲーですのでどうぞ。

作品名催眠学園3年生
通常価格¥6,480円
体験版/DL購入こちらからどうぞ